SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジーニーのチャットボット「Chamo」がリニューアル 顧客データの蓄積、直感的なシナリオ作成が可能に

 ジーニーは、同社が開発・展開するチャットボットツール「Chamo(チャモ)」をリニューアルした。

 今回のリニューアルでは、UI/UXを刷新したほか、顧客データを蓄積する「カスタマー管理機能」、キャンバス形式の直感的な操作でチャットボットを作成できる「シナリオ機能」、CVR向上に効果的な「EFO機能」を新たに搭載した。

 カスタマー管理機能では、顧客情報をカスタマイズして管理することが可能に。顧客ごとのチャット履歴参照や、利用動向から自動で顧客にタグを付与、ラベリングできるようになる。

 シナリオ機能では、特別なITスキルがなくても、現場の担当者が分岐やループなどを含む顧客対応シナリオを直感的な操作で作成できる。これにより、より適したOne to Oneマーケティングを自動で実行することが可能になる。

 また、EFO(エントリーフォーム最適化)機能では、顧客が資料請求、または購入フォームにエントリーする際の入力補助機能を備えている。これにより、フォームからの途中離脱率を軽減する。

【関連記事】
国内ベンダーが集結し「一般社団法人日本チャットボット協会(JCBA)」が発足
SNSチャットボットのChatBook、LINEにも対応 LINEでのリード育成を自動化
「STUDIOUS」など展開するTOKYO BASE、ECサイトにトリプラのAIチャットボットを搭載
チャットボットの構築・運用を支援し「育てる手間」を軽減 カラクリが「AIアドバイザー機能」を公開
「チャットボット」の認知率は約7割/10代の約4割が利用を経験【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/09 15:00 https://markezine.jp/article/detail/34280

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング