SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アップル携帯電話「iPhone」市場投入まで秒読み?米特許庁が特許出願内容を公開

 米アップルコンピュータ(以下、アップル)の携帯電話市場への進出は、1999年に「iPhone.org」というドメイン名を登録したころからずっとささやかれていた。このほど、米特許商標庁は、アップルが2006年8月に提出した「ハンドヘルドコンピューティングデバイス」に関する特許出願書の詳細を、11月30日にサイト上で公開した。

 この出願書には、アップルの携帯電話「iPhone」についての特定の記述はない。しかし、携帯電話でも利用可能な内容であるため、この特許公開によってアップルが「iPhone」の市場投入に向けて確実に前進していることをうかがわせる。

 公開された文書は、「ハンドヘルドコンピューティングデバイス」に関する特許について明らかにするもので、「持ち運びできる、無線通信可能なコンピューティングデバイスで、セラミック素材を使った筐体に覆われている」などの詳細が記述されている。

 その具体的な例として携帯電話などでの利用も含まれるとし、RF(無線周波数)および850~1900MHzのGSM、DCS、PCS無線通信ををサポートするために、プロセッサ、トランスミッタ、レシーバ、アンテナを装備。セラミック素材としては、人工ダイアモンドとしても利用されるジルコニア(酸化ジルコニウム)を利用するとしている。

 2007年中にアップルが「iPhone」を市場投入することは間違いないと見られており、今後はそのタイミングがいつになるかが焦点になりそうだ。

特許の詳細米特許商標庁) "Handheld computing device"

「Appleが「iPhone」特許を出願?」(ITmedia)

"Radio Transparent Zirconia iPhone?"

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:37 https://markezine.jp/article/detail/406

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング