SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

リモコンは「赤外線」から「無線」へ、家電4社が新規格策定で合意

 現在、多くのリモコンで利用されているのは赤外線。しかし、赤外線方式ではサポートできない先進的な機能が求められるなか、AV機器用の無線リモコンの標準規格はない状況となっている。4社はフリースケール・セミコンダクタ、沖電気工業、テキサス・インスツルメンツの半導体各社と協調し、7社でRF4CE(Radio Frequency for Consumer Electronics)コンソーシアムを結成。無線リモコンの開発を可能にする新しい通信規約を策定する。

「無線リモコン」はより高度な機能を実現する

 RF4CEコンソーシアムが目指すのは、見通し外操作(必ずしも操作する機材にリモコンを向けなくても良い操作)やAV機器とリモコン間の双方向通信などの高度な機能を実現する、無線を活用した通信方式の策定。 

 新しい規格は、認可不要の周波数帯である2.4GHz帯のiEEE 802.15.4のPHY/MAC方式をベースとし、低消費電力、高速起動が可能。そのほか、N対N形態でも高い信頼性が得られる双方向伝送や他の2.4GHz帯無線との共存、セキュリティ設定ができる無線プラットホームの開発を目指す。RF4CEの仕様策定は2008年後半に完了し、すべての企業がアクセス可能となる予定。

【関連記事】
家に帰ったら「テレビをつける」と「パソコンをつける」がほぼ拮抗
米ソニー、液晶テレビ「BRAVIA」でYouTubeを視聴可能に
中国消費者協会:家電業界規準最適化を呼びかける
ソニー、録画番組をウォークマン・PSP・携帯に「おでかけ転送」できるブルーレイディスクレコーダーを発売
「購入したいと思う次世代DVDレコーダーのメーカー」はブルーレイ陣営が圧勝

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/16 11:00 https://markezine.jp/article/detail/4088

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング