SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

少子化の逆風の中、2007年度の玩具売上げが4年ぶりに前年を上回る

 社団法人 日本玩具協会は、同協会の会員企業と東京おもちゃショー出展企業の出荷額をベースに調査・推計した統計資料を6月17日に発表。2007年度の国内における玩具市場規模は店頭価格ベースで6,709億円(前年度比103.0%)、玩具の中核を占める10分野(※)の市場規模は3,848億円で、こちらも前年度比103.7%となった。

 2007年度、最も大きな伸びを見せたのはカードゲームで、「遊戯王OOGデュエルモンスターズ」「デュエル・マスターズTOG」などの躍進によって、前年度比40.5%増の545億円市場に成長。また、雑貨分野も「∞プチプチ」などのヒットにより102.0%の伸びを示している。

雑貨分野を牽引した「∞プチプチ」シリーズ
© BANDAI 2007

 その反面、ハイテク系トレンドトイの分野は、前年度に「たまごっちプラス」という大ヒット商品があったこと、アイテム数が前年度より少なかったこともあってほぼ半減している。また今回は、これまで玩具の周辺分野として別枠で市場調査を行ってきた「フィギュア」を玩具市場規模内に組み入れているが、組み入れない場合でも4年ぶりの前年売上げ増は変わらないという。

  今回の調査で見られた売上げ増は、家電・カメラ量販店やネット小売業などの大きな伸びや、他業界の小売業での取り扱いが増えたことによるもので、既存の玩具小売業では前年売上高を下回っているところが多いという。

※「10分野」は、テレビゲーム関連を除いたゲーム、カードゲーム、ジグソーパズル、ハイテク系トレンドトイ、男児キャラクター玩具、男児玩具、女児玩具、ぬいぐるみ、季節商品、ベビーカー・チャイルドシートなどの乗用関連を除いた知育教育玩具を指す。

【関連記事】
LEGOブロック誕生50周年
「ハート巻き」もカンタン、子どもと楽しむ太巻きづくり「ふとまきまっきー」
「ツンデレ・妹・メイド・幼なじみ」4つの萌えキャラがおねだりする「プチプチ」シリーズ新作
マーくんみたいな変化球が投げられる野球ボール「田中将大の魔球王」
バンダイ、人気アニメ「ワンピース」のデータカードゲームを5月下旬に展開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/20 10:30 https://markezine.jp/article/detail/4179

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング