SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BRUTUS、GQ 、marie claire…ヤフーが国内20誌の記事を再編集、ブランド価値を高めるサイト「X BRAND」公開

 「X BRAND」(http://xbrand.yahoo.co.jp)では、各雑誌から提供された記事を、「X BRAND」編集部が再編集して掲載。ファッション、グルメ、トラベル、ビューティーなど12のカテゴリによる記事検索、各雑誌専用ページからの記事検索が可能となっている。「X BRAND」サービス公開当初の参加雑誌は以下のとおり。

 Harper’s BAZAAR(エイチビー・ジャパン)
 GQ JAPAN(コンデナスト・ジャパン)
 東京カレンダー(アクセス・パブリッシング)
 marie claire(アシェット婦人画報社)
 Rolling Stone(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア)
 Fashion News(INFASパブリケーションズ)
 Esquire(エスクァイア マガジン ジャパン)
 STORY、BRIO(光文社)
 DIME、美的、Lapita(小学館)
 GRACE(世界文化社)
 InRed、sweet(宝島社)
 NIKKEI BP select(日経BP)※日経BPの発行誌で「X BRAND」に参加する複数誌の総称
 CREA(文藝春秋)
 Tarzan、BRUTUS、BOAO(マガジンハウス)

 クリエイティブ・エージェンシー「TUGBOAT」との事業提携により実現したという「X BRAND」では、1業種1社制でオフィシャルパートナーを募り、各パートナー専用のページ(オフィシャルパートナーページ)を提供。企業ブランディングのためのメディアとしても活用することができる。

【関連記事】
マガジンハウスの雑誌記事を検索できる「MSNマガジンサーチ」公開、雑誌をウェブで公開するメリットは?
ZOZORESORTがファッション雑誌12誌と連携、掲載アイテムの検索を可能に
クリックできるファッション誌、Yahoo! FASHIONに初の男性誌「フィナム」登場
小学館がネット専用雑誌に着手
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/24 11:10 https://markezine.jp/article/detail/4214

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング