SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

6月の「消費意欲指数」、この15年で最低に【博報堂調査】

 発表された「消費意欲指数」は、消費意欲が最高に高まった状態を100点としたときに、6月の消費意欲は何点ぐらいかを一般生活者415人に質問した結果をまとめたもの。

 2008年6月の消費意欲指数は先月から3.6ポイント減少して49.1点となり、1993年4月の調査開始以降3番目の低い数値となった。また、前年同月比も4.0ポイント減少し、6月としては調査開始以来の最低値。男女別でも、男性が先月比で2.4ポイント減少の45.7点、女性が4.7ポイント減少の52.5点となり、男女とも6月としては調査開始以来最低となっている。

 内閣府が発表した4月の景気一致指数は2か月連続で低下、景気後退期入りの可能性も指摘されるなか、総務省発表の4月の全国消費者物価は7か月連続で前年同月より上昇と、家計にとっては厳しい状況が続いている。7~8月は夏休みのレジャー消費などで消費意欲が高まる傾向があることから、どこまでこの指数が回復するかが注目される。

【関連記事】
原油高騰、サブプライム問題…「来年の景気は悪くなる」が大幅増【博報堂生活総合研究所調べ】
頭打ちのCPM、景気後退、ピリっとしない動画広告…どうなる?今年の米オンライン広告業界【Avenue A | Razorfishデジタルレポート】 
米Google、CTR成長率マイナスで株価下落、景気後退の影響はオンライン広告へ? 
サブプライムローン問題発覚後の日常生活を、35組の家族がリアルに語るCNNの経済特集

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/25 12:55 https://markezine.jp/article/detail/4234

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング