SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米オンライン年末商戦、サイバーマンデーは前年比15%増も、前年越えは難しいと予測【comScore調べ】

注目のサイバーマンデーは好調

 今年は、年末商戦を占う感謝祭が11月27日、ブラックマンデーが11月28日、そしてオンラインショッピングが本格化するサイバーマンデーが12月1日。comSocoreは、11月から12月にかけてのホリデーシーズン期間の米国のオンラインショッピングについての調査結果を発表した。

 11月1日から現在までのところ、オンラインでの支出は前年同期比2%減の120億3000万ドル。注目のサイバーマンデーでは15%増となる8億4600万ドルで、過去2番目の好調な業績となった。

2007年と2008年のホリデーシーズンにおける
米国でのオンライン支出 (家庭・職場・大学の合計)

 これは、小売業者が積極的に行った販促や値引きに消費者が反応したもので、51%の消費者が、今年の販促と割引は昨年よりも激しかったと指摘。また、39%の消費者は、お店に買い物に出かける人は昨年より少ないと見ている。

ホリデーシーズン全体では前年越えは難しい

 1月から10月までのオンライン支出の実績を2007年と2008年で比較すると、2008年が9%上回っている。comScoreは「ホリデーシーズンのオンラインショッピングは終わったという見方はあまりにも大げさ」としながらも、今回のサイバーマンデーの好調な結果にも関わらず、ホリデーシーズン全体の支出は昨年と変わらないと予測している。 

1月から10月、およびホリデーシーズン(11月と12月)における
オンライン支出の実績と予測(家庭・職場・大学の合計)
*は実績、**は予測

 以下のグラフを見ると、サイバーマンデー以降の2007年の実績は非常に高い。現在の米国の景気後退を考えれば、これを上回るのはかなり難しいといえるだろう。これからクリスマスにかけて、オンラインでの支出がどのような上昇を見せるか注目される。

ホリデーシーズンにおけるオンラインでの小売業の売上高推移

【関連記事】
米オンラインショッピング年末商戦、出足は悪くないもののゼロ成長との予測
2008年3Q、逆風のなか米インターネット広告売上高は過去2番目の59億ドルに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/04 13:01 https://markezine.jp/article/detail/6040

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング