SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

男性7割が「自分は草食」、肉食女子は「頼りになる・つきあいたい」、

 結婚相談サービスを提供するパートナーエージェントが、30代の未婚男女400名を対象に行った調査によると、「草食男子」と「肉食女子」という言葉については、男女共に6割以上の認知度があるが、「自分の周りにはいない」と答える人は男女ともに半数に満たなかった。しかし、男女とも同性に対しての視線は厳しいようで、それぞれ同性に対して「草食」あるいは「肉食」と判断する人の割合が多くなっている。

 男性は、6割以上が「自分もどちらかといえば草食男子」と回答し、「自分は完全に草食男子」と回答した人を合わせると7割以上が「自分は草食」としているのに対して、女性は草食男子を「頼りない」を筆頭に否定的にとらえている人が多い。また、「肉食女子」に対する評価は、同性である女性が「うっとうしい」「下品だ」という否定的な意見が多いのに対し、異性である男性からは「頼りになる」「付き合いたい」といった肯定的な意見が半数を超えており、単純に草食・肉食という言葉ではくくれない志向が感じられる。

草食男子についてどう思うか
肉食女子についてどう思うか

 また、男性が選んだ“草食男子”タレントのベスト3は、1位「草なぎ剛」、2位「瑛太」、3位「岡村隆史」、女性が選んだベスト3は、1位と2位が同じで、3位は「金子貴俊」。また、男性が選んだ“肉食女子”タレントは、1位が「山本モナ」、2位「杉本彩」、3位「Misono」で、女性が選んだベスト3は、1位「杉本彩」、2位「山本モナ」、3位「倖田來未」となっている。また、「草食男子&肉食女子」のカップルとしては、「木下博勝 & ジャガー横田夫妻」が1位となった。

【関連記事】
女性が結婚相手に求める年収、「500万円台」と「こだわらない」に二極化
婚活時代到来、しかし「婚活していることは周囲には秘密」が半数以上【“婚活”意識調査】
「愛のない義理チョコ禁止令」、マッチドットコム社長「義理チョコは生産性を低下させる」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/09 14:00 https://markezine.jp/article/detail/6790

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング