MarkeZine(マーケジン)

記事種別

真に影響力のあるメディアは?
検索サイトの接触率は年代によって70%もの大差

2009/08/04 15:00

ネットメディア接触率はいまだ年代によって大差

 新旧メディアの実態を把握することを目的として行われた「メディア力調査」は、今年2月のメディア接触状況調査と、昨年5月のメディア評価調査として、首都圏30km圏内で13~69歳の男女約800人を対象に行われた。

 メディアへの接触状況、メディアへの評価を性別・年代別に調査・分析した結果、若年層の新聞離れは否めないもののが、テレビ・新聞は依然として消費者への高い接触率を誇っている。全年代の平均値を見ると、テレビは95%以上、新聞は約80%を示しており、接触率の上位を占めている。

 一方、PC・携帯電話におけるウェブメディアへの接触率は、未だ年代によって大きな差が見られ、特にヤフーやグーグルなどの検索サイトにおいては約70%もの差が生じている。しかし、20代女性では、新聞への接触率と、PC・携帯電話におけるウェブメディアへの接触率は、ほぼ同じ60%程度となっている。

商品購入に役立てているもの1位は「新聞の折込チラシ」

 信頼できるメディアについては、20代から50代までのすべての年代で「新聞」が1位となっており、「テレビ番組」「利用企業のDM」でベスト3を占めている。しかし、20代に関しては4位と5位に大手検索サイトや企業サイトがランクインしており、ウェブメディアとの親和性が高い様子がうかがえる。

信頼性ではすべての年代で「新聞の記事」が1位

  商品購入時に役立てているものとしては、20代、30代、40代で「新聞の折込チラシ」が1位で、50代のみ「テレビのCM」が1位となっている。また、20代のみ、3位に「サービス提供起業のウェブサイト」がランクインしている。

雑誌広告もトップ10にランクイン

 また、繰り返し見るメディアとしては、20代と30代の1位は「検索サイト」、40代では「テレビCM」、50代では「新聞の折込チラシ」となっており、各年代によってバラける結果となった。

電車やバスの吊り広告、新聞折込チラシも上位に

【関連記事】
患者への影響力1位は「テレビ・新聞」、2位「インターネット」、3位「患者の声」
ネット広告の認知率・理解度・好意度は着実に上昇
世界で最も信頼される広告形態は「知り合いからのおすすめ」「ネットのクチコミ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5