SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GoogleがPowerPointに触手? Gmailで添付ファイルをスライドショー表示

  Googleの情報サイトGoogle Blogoscopedで5月16日、GoogleのウェブメールサービスGmailで、メールに添付されたPowerPointのファイルをスライドショー表示できたという報告があった。

 Google Blogoscopedの記事によると、PowerPointファイルが添付されたメールには、「View as HTML」「View as slideshow」「Download」の3つのリンクが表示され、「View as slideshow」をクリックすると、PowerPointのファイルをスライドショー表示することができるという。この機能は一般ユーザー向けに正式公開されたものではなく、一部ユーザーが「View as slideshow」のリンクのURLに含まれる"disp=vah"の記述を"disp=vgp"に変更することで可能になるという。MarkeZine編集部でも試したが、確認することはできなかった。また興味深い機能として、PowerPointファイルをスライドショーとしてホームページに埋め込めるようembedタグ付きのHTMLソースが表示されたという。

メールに添付されたExcelとWordのファイルは、Google Docs & Spreadsheetsのデータとして
表示・編集が可能(上)。今のところPowerPointのファイルはHTML形式の表示のみ(下)。
    

 Googleでは現在、Google Docs & SpreadsheetsとGmailで、ExcelとWordのファイルをブラウザ上で表示・編集・保存することができる。GoogleはMicrosoft Officeに含まれる2つの主要アプリケーションの機能をウェブ上で無料で提供し、今度はついにPowerPointにも触手をのばしたようだ。パッケージ製品の製造・販売という同じ土俵には立たずに、じわじわとMicrosoftの牙城を侵食していくGoogleは、次に何をターゲットとするのだろうか。

"Google’s Presentation Application?"(Google Blogoscoped)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング