MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「イマドキ男子」とのコンタクト・ポイントを探る

2019/04/25 14:45

 生活者が接触するメディアや情報端末が分散化し、コンテンツとしての情報そのものが爆発的に増加している現在、マーケターにとってターゲットとの接点の把握は重要なテーマだ。今回はM1層(男性20〜34歳)の中でも、さらに「20〜24歳」にスポットをあて、「イマドキ男子」のメディア接触行動を浮き彫りにする。

目次

※本記事は、2019年4月25日刊行の定期誌『MarkeZine』40号に掲載したものです。

「イマドキ男子」のメディア接触行動

 ある朝、とある時間帯の通勤風景。身動きができないほどに混雑していた山手線内回りは、品川駅で7〜8割の乗客が降車する。乗り込む乗客はその5分の1にも満たない。品川駅以降、それまでが嘘のように乗客は少なくなり、まばらになった乗客は思い思いの席に座り、それぞれが自分の時を過ごす。

 右隣に座る大学生と思しき男性がスマホの画面を人差し指で、上へ上へとスクロールしている。すさまじいスピードで流れていく写真は「Instagram」のストリートファッション系の写真だ。ときおり手を止めて凝視したかと思うと、また忙しそうに手を動かす。そうしてしばらく、スクロール&ストップを繰り返した後、気になるブランドを見つけたのか、急にLINEに切り替えて、だれかに共有を始めた。その後もハッシュタグを切り替えながら、「高速スクロール」と「情報発信」が続いている。

 ふと対面する座席の網棚の上の3面連続の車内モニター広告に目をやると、彼らには決して見られることのない、スマホの新しい割引料金プランの動画広告が虚空に向かって放たれている。

 メディアや情報端末、そして、コンテンツとしての情報そのものが爆発的に増加している現在、ターゲットとの接点(=コンタクト・ポイント)の把握は重要なテーマである。「ターゲットは何を見ているのか?」についての考察は、目まぐるしく変化する生活者のメディア接触の環境変化も相まって、たえずアップデートが求められている。

 本稿ではメディアプランニングで用いられるターゲット区分「M1(男性20〜34歳)」を取り上げつつ、「20〜24歳」にスポットをあてることで、「イマドキ男子」のメディア接触行動を浮き彫りにしたい。「M1」とひと括りにはできない「イマドキ男子」のメディア接触行動を確認することにより、「M1」という従来のターゲット区分から、さらに精緻にターゲットにフォーカスしたプランニングの有効性をお届けするとともに、広告コミュニケーションに携わる読者の皆様の「イマドキ男子」理解のアップデートを支援したい。

▶調査レポート
「イマドキ男子とのコンタクト・ポイントを探る」(Intage 知る gallery)


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5