MarkeZine(マーケジン)

記事種別

震災後の日本に対する海外の評価、ポジティブ評価が上回る【博報堂調べ】

2011/06/06 14:25

 博報堂 震災復興プロジェクト室は、エー・アイ・ピーと共同で、5月9日~18日に、中国、韓国、タイ、インド、インドネシア、ロシア、英国、アメリカ、ブラジル在住の20~49歳の男女、2700名を対象に調査を行った。

 これらの国における東日本大震災への認知・関心は高く、日本に対する意見・評価としては、「日本に早く復興してほしい」「同情した」「暴動起こらず規律正しい」といったポジティブ評価が、「日本製品の高品質イメージ低下」「技術力イメージ低下」などのネガティブ評価を全体で上回った。

ポジティブ評価、ネガティブ評価の回答率(9ヶ国平均)

 また、耐久消費財、日用品、食品・飲料、サービスのカテゴリーで、昨年(2010年)と現在とくらべて、「日本製品の購入意向」がどう変化したかについてたずねたところ、「上昇した」+「やや上昇した」と回答した人(全業種平均35.7%)が、「低下した」+「やや低下」と回答した人(全業種平均14.9%)を大きく上回る結果となった。

昨年と比較して 日本製品の購入意向はどう変化したか

【関連記事】
ホットリンク、震災直後のツイッターのデータを研究機関と共有、デマ・風評防止の研究用
東日本大震災関連倒産、阪神大震災の3倍に 「間接被害型」が全体の9割
ヤフーが震災で被害にあった企業向けに、Yahoo! JAPANに特別広告枠を設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5