SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

震災後の日本に対する海外の評価、ポジティブ評価が上回る【博報堂調べ】

 博報堂 震災復興プロジェクト室は、エー・アイ・ピーと共同で、5月9日~18日に、中国、韓国、タイ、インド、インドネシア、ロシア、英国、アメリカ、ブラジル在住の20~49歳の男女、2700名を対象に調査を行った。

 これらの国における東日本大震災への認知・関心は高く、日本に対する意見・評価としては、「日本に早く復興してほしい」「同情した」「暴動起こらず規律正しい」といったポジティブ評価が、「日本製品の高品質イメージ低下」「技術力イメージ低下」などのネガティブ評価を全体で上回った。

ポジティブ評価、ネガティブ評価の回答率(9ヶ国平均)

 また、耐久消費財、日用品、食品・飲料、サービスのカテゴリーで、昨年(2010年)と現在とくらべて、「日本製品の購入意向」がどう変化したかについてたずねたところ、「上昇した」+「やや上昇した」と回答した人(全業種平均35.7%)が、「低下した」+「やや低下」と回答した人(全業種平均14.9%)を大きく上回る結果となった。

昨年と比較して 日本製品の購入意向はどう変化したか

【関連記事】
ホットリンク、震災直後のツイッターのデータを研究機関と共有、デマ・風評防止の研究用
東日本大震災関連倒産、阪神大震災の3倍に 「間接被害型」が全体の9割
ヤフーが震災で被害にあった企業向けに、Yahoo! JAPANに特別広告枠を設置

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング