SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中国ネット通販ユーザーが最もネットを利用する時間帯は?【中国ECサイトに関する研究報告書】

 SBIリサーチは中国ECサイトに関する研究報告書の日本語版を発行し、その一部を公開した。中国においては多くのユーザーが、商品購入後にECサイトの評価をクチコミサイト等へ投稿しており、投稿ユーザーの82%は「商品」そのものへの評価を投稿している。また、「配送」「決済」に関する評価を行うユーザも46%、35%となっている。 

2009年 中国のネット通販ユーザーが商品購入後に投稿する評価・クチコミの内容

 中国のネット通販ユーザーがインターネットやネット通販を利用する時間帯を見ると、10時、14時、21時の3つのピークがあり、特に21時は最大ピークとなる。一方、深夜1時から早朝7時までは、インターネットの利用者数が最も少ない時間帯となり、中国のネット通販ユーザーがインターネットを利用する時間帯には、かなり偏りがあることがわかる。

2009年中国のネットユーザーがインターネットを利用する時間帯の分布

 また、中国ECサイトが行う各種プロモーションにおいて、女性ユーザはプロモーションが商品購入のきっかけになることが多いが、男性ユーザはプロモーションに左右されず、熟考してから商品を購入する傾向が強いことも明らかになった。

 SBIリサーチは、中国アイリサーチ社が中国国内で定期的に発表している中国のインターネット事情に関する報告書を日本語に翻訳し、「中国ECサイトに関する研究報告書②-ネット通販ユーザの購買体験に関する基本的要素2009-2010年」として発行した。

【関連記事】
日本企業の中国語ページは現地でこんなに遅い!
中小企業が進出したい候補地ベスト3は「中国・ASEAN・米国」
グーグルの中国撤退後、百度・捜狗のユーザー数が増加
ZOZOTOWN、ソフトバンクと中国進出
SBI、中国情報サイトのサーチナを子会社化
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/07/01 12:46 https://markezine.jp/article/detail/14012

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング