SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「CM」「広告」「キャンペーン」と一緒に検索された言葉ランキング【2001年上半期グーグル調べ】

 グーグルは、「CM」「広告」「キャンペーン」といった単語と一緒に検索された2011年上半期の急上昇検索ランキングを発表した。以下のキーワードを実際に「CM」などと一緒に検索してみると、今年の上半期にどんな作品が注目を集めたのかがわかる。

【急上昇 - CM部門】
 1位  キーエンス
 2位  AC
 3位  果汁グミ
 4位  ローリーズ ファーム
 5位  プチ ウナコーワ
 6位  マキシマムザホルモン
 7位  zoff
 8位  JR九州
 9位  GREE
10位  コッコアポ

 CM部門の1位は「キーエンス」。センサーや測定器などを販売する同社のCMでは、ピンク・レディーのヒット曲「UFO」を元スーパーカーの中村弘ニが編曲。パフォーマンス集団「白A」が出演し、近未来的なイメージを演出している。7位のメガネショップ「Zoff」は10周年を記念して、水原希子を起用したCMキャンペーンを展開。8位の「JR九州」は3月12日に全線開通した九州新幹線のCMで震災後の日本に感動を呼んだ。10位「コッコアポ」は石原さとみを起用したCMを展開している。

【急上昇 - 広告部門】
 1位  AC
 2位  ベルリッツ
 3位  東京電力
 4位  ユニクロ
 5位  ヤマダ電機
 6位  ペプシ
 7位  イオン
 8位  イトーヨーカドー
 9位  ニトリ
10位  ANA

 広告部門の1位は「AC」。ACはCM部門でも2位に入っている。震災後、企業CMの代わりに放映されたさまざまなCMが話題を呼び、なかでもあいさつをすることの大切さを伝えるCMでは、「ぽぽぽぽ~ん」というフレーズが話題となった。2位は英会話学校の「ベルリッツ」。日本人が話す英語が外人にはこう聞こえるという例をモノクロ写真を使った交通広告を目にした人もいるだろう。現在は名字が「トダさん」の人に英会話レッスンをプレゼントする一風変わったキャンペーンを展開している。

【急上昇- キャンペーン部門】
 1位  レッドブル
 2位  吉野家
 3位  ジョージア
 4位  マクドナルド
 5位  パスコ
 6位  ネスプレッソ
 7位  松屋
 8位  ローソン
 9位  伊藤園
10位  丸美屋

 1位「レッドブル」は、昨年のF1世界選手権でレッドブル・レーシングがタイトルを獲得したことを記念して、ゲーム機やグッズなどが当たるキャンペーンを展開した。キャンペーン部門では、トップ10のうち、飲料、食品、ファストフードなど食品関連が9割を占めている点が特徴的だ。

【関連記事】
「Google 急上昇検索ワードランキング」上半期の1位は「原発」
IEユーザーが9割のヤフー、複数アカウント保有者が多いグーグル
スーパーボウル中継時に最もツイートされたCM6位に「グルーポン」
ツイッターで「フリスク」とつぶやくと、“さわやかすぎる通勤”をプレゼント
mixiの「ソーシャルバナー広告」を導入したキャンペーンで213万人来訪
 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング