SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

節電サイト、関東からの利用が過半数

 東日本大震災の影響から電力供給量不足が予想され、政府の節電情報サイト「節電.go.jp」など各種節電関連のサイトが開設された。ビデオリサーチインタラクティブはこれら「節電関連サイト」の利用動向をまとめた(数値は、自宅内PCインターネット利用者の推定値)。

 集計対象とした節電関連サイトは9サイト。全体の推定訪問者数を見ると、5月度の84万人から、6月度には97万人、さらに7月度には169万人と夏場に向けて増加している

電関連サイトの推定訪問者数 時系列推移 (2011年5月~7月)
電関連サイトの推定訪問者数 時系列推移(2011年5月~7月)

 また、7月度のサイト訪問者の構成割合を地域ブロック別にみると、電力供給量不足が早くから言われていた「関東」の割合が51%ともっとも高く、以下「近畿」19%。「東北」10%となっている。

【関連記事】
事前連絡で8割の家庭が節電行動
KDDI、家庭での節電にポイント付与
震災後の電力不足で「ライフスタイルに変化」7割
震災前後で、東京電力サイトの訪問者数は478万人増 ツイッターは187万人増
ドコモら3社、塩害を受けた農地の復興支援で業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング