SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、「感性工学」で購買行動解明「ULHINT」開発~顧客の潜在意識から購入決定プロセスを解読

 電通と電通マーケティングインサイトは、「感性工学」の手法を活用し、買い物客の潜在意識下における購入プロセスを読み解き、売りの現場での販売促進を図る調査・分析パッケージ「ULHINT(ウルヒント)」を開発した。

 感性工学とは、人が情報を取り入れ、処理し、反応や行動につなげる非意識的な過程である「感性」を具体化することで課題解決法をデザインしていく考え方。

 「ULHINT」は、感性工学の研究成果をベースに電通が独自に考案した「脳内会話」のノウハウを導入。人間の言語化できる意識と、言語では説明できない潜在意識の双方から、買い物客の意識変化や意思決定の心理を引き出し、買い物プロセスを把握。人間の持つ感性を読み解き、「購入」もしくは「非購入」に至るプロセスを解明することで、「購入」に至る意思決定メカニズムや、「購入」行動に影響を及ぼす要因を明らかにする。

 脳内会話とは、生活環境やこれまでの経験・体験などに反応して情報がやり取りされる脳内プロセスを言語化し、比喩的に表現した言葉。

【関連記事】
「ソーシャルで彼氏・彼女とつながりたくない」8割【電通PR調査】
電通、SNS とコンビニ店頭をつなぐ電子クーポン配信プラットフォームを開発
電通、「Passbook」に対応した電子クーポン・チケット発行管理システム「パススス」開発
電通、スマホ向けキャンペーンプラットフォーム「Click AD」
電通グループ、流行の先読みサービス「電通トレンドソナー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング