SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

没入感を伴った空間演出が可能なプロジェクションマッピングの進化形「MEDIARIUM」

 現在、プロジェクションマッピングを活用したさまざまなイベントが行われているが、正面からのみの観賞を基準に制作されていることなどから、没入感が弱い側面がある。今回、アシュラスコープインスタレーションが発表した「MEDIARIUM(メディアリウム)」は、イベント・常設のいずれにおいてもより臨場感の感じられる体感型プロジェクションマッピングだ。

 床面や天井面にまで投映された包まれるような映像空間で、「見る」ための映像作品とは違った、没入感の高い「体感する」コンテンツを実現。絵画や舞台美術などで使用される「だまし絵」の技術を用いて、空間を意識した奥行きや立体感のある映像によって高い臨場感を表現する。

 また、映像の劣化を最小限に抑え、従来の10倍以上のビットレートを持つ美しい映像を実現するとともに、緻密な投映設計で複雑な形状や小型の対象物にも対応することが可能。立体的なサウンドを空間的な映像にシンクさせることで臨場感・没入感をより高め、視覚と聴覚を連動させた「全身で観る作品」を創り上げることができる。MEDIARIUMを使用した共同作品は、那須高原にある藤城清治美術館で常設展示されている。

【関連記事】
東京駅丸の内駅舎のイベントで話題の「3Dプロジェクションマッピング」市場調査
ソニー、映像再生にPS3を採用、デジタルサイネージシステム「Ziris Canvas」
バナー上で3D空間を表現、体験&没入型広告「3Diイマーシブ・バナー」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング