SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ヤフー、EC新戦略で新規出店希望が急増、1日で1万店のストア出店申し込み

 ヤフー7日、eコマース事業における新戦略を発表。10月から、インターネットショッピングサービス「Yahoo!ショッピング」のストア出店料(月額システム利用料)と売上ロイヤルティの完全無料化および、日本最大級のオークションサイト「ヤフオク!」のストア出店料(月額システム利用料)を無料とした。

 これを受けて「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」への問い合わせが急増。発表から一日で「Yahoo!ショッピング」の新規ストア出店希望数は通常の数百倍となる約1万件を達成、新たに受付を開始した「個人」の出店希望数は約1万6000件にのぼった。また「ヤフオク!」についても、通常の三十倍となる出店申込みがあったという。

 現在の「Yahoo!ショッピング」のストア数は約2万店舗、「ヤフオク!」のストア数は約1万6000店舗(2013年9月末時点)。両サービスとも予想以上の新規出店希望があるため、今後も伸びは続きそうだ。

【関連記事】
ヤフー、eコマース事業新戦略~「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」ストア出店料が無料に
ペパボとランサーズ、共同でECクラウドソーシングの取り組みスタート
JADMA、「ネット通販の商品選びに影響を与えるSNS」について調査
ネット通販に感じるメリットとは?【ネット通販利用者500人調査】
スマホショッピングにお金を掛けるのはどんな人?【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング