SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アジアは欧米よりもモノを買う時に「デザイン」重視の傾向が強い?【カンター・ジャパン調査】

 カンター・ジャパンは、日本を含む22か国の市場トレンドと将来予測情報に関する調査を行っている。

 2013年の2月から4月にかけて実施した調査の中で、各国の16歳以上の消費者に対し「モノ(製品)を買うとき、スタイルやデザインは性能と同様に重要だと思うか?」という質問を行ったところ、「非常にそう思う」又は「ややそう思う」と回答した人の割合が、日本で59%、中国で70%、インドで69%など、アジアの国々で概ね高いことが明らかになった。一方、イギリスでは39%、ドイツで41%、アメリカで42%など、ヨーロッパと欧米ではそれほど高くなかった。

 また、2010年にも同じ調査を実施しており、「非常にそう思う」又は「ややそう思う」と回答した人の割合について、日本での当時の回答と今年の回答を比較したところ、2010年が51%で、今年は8%増えて59%であった。

 この調査の結果によると、日本の消費者は、欧米の消費者よりもモノ(製品)を購入する際に「スタイル」や「デザイン」を重視しており、その傾向は以前よりも強くなっているようだ。これは、中国やインドでも同様で、自分が買うモノ(製品)に「スタイル」や「デザイン」を求める消費者層の増加を示していると考えられる。

【調査概要】
調査名称:「グローバル・モニター」
調査頻度:年1回
調査時期:2013年2~4月
調査方法:主にインターネット調査(日本含む)/国により対面調査
調査対象:16歳以上の男女
対象者数:22か国でn=22,000(調整を実施)/日本は992名
調査国:日本、韓国、中国、インド、インドネシア、タイ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ロシア、ポーランド、トルコ、南アフリカ、メキシコ、コロンビア、ブラジル、アルゼンチン

【関連記事】
バーバリーCEOがアップル小売事業責任者に、ファッションとITのラグジュアリーブランド戦略
コカ・コーラをおさえ、アップルが首位に【グローバル・ブランドランキングTOP100】
花王のブランド力が急上昇/電気・機械・自動車メーカーのブランド力回復傾向に
海外ブランド購入、中高年層に「セール価格でのみ購入」比率が高い傾向
サポート優良企業、トップはオルビス【日本ブランド戦略研究所調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/10/23 11:30 https://markezine.jp/article/detail/18717

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング