SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「楽天市場」の利用がはじめてテレビ上で可能に

 楽天と、アクトビラは10月22日に業務提携を発表。テレビの新しいネット・サービス「アクトビラ」によって、「楽天市場」の利用がはじめてテレビ上で可能になった。

 今回の提携によって、「アクトビラ」上のショッピング・ジャンルに「楽天市場」を新設。ユーザーは高画質のデジタルテレビ上で「楽天市場」に出店する約21,000店、1,000万品以上の商品の中から携帯電話を利用するなどして購入することが可能となる。商品の選定はリモコン操作で行い、購入は当初、画面上にあるQRコードを携帯で読み取ったり、携帯から商品URLを記載したメールをパソコンに送信し、そのパソコンで完了したりすることになるが、将来的にはテレビ上で購入が完結するシステムの開発を行う予定だという。

「アクトビラ」に開設された「楽天市場」のイメージ。
※図はプレスリリースより転載。

 株式会社アクトビラは、2006年7月7日にシャープ、ソニー、ソネットエンタテインメント、東芝、日立製作所、松下電器産業の6社により共同で設立。「アクトビラ」は、ブロードバンド接続機能を持つデジタルテレビを対象とした新しいネット・サービスで、映画・音楽・アニメ・ドラマ・ドキュメンタリーなどの映像配信サービス「アクトビラ ビデオ」(2メーカー20機種対応)と、ニュース・天気・番組情報・エンタメ情報・株価・地図/交通などの静止画+文字ベースの情報提供サービス「アクトビラ ベーシック」(9メーカー121機種対応)を提供している。

プレスリリース:「テレビの新しいネット・サービス「アクトビラ」上にて「楽天市場」のサービス利用が可能に」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

井浦 薫(編集部)(イウラ カオル)

MarkeZineで主に書籍を作っています。 並行して、MONEYzineにも力を入れています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/24 17:32 https://markezine.jp/article/detail/1981

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング