SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

YouTube広告の影響力が高まる中、広告認識度を高めブランドを守るには?「GP」が課題を解決

 ユーザーIDベース(CookieやIDFAなど)のターゲティングが困難になっていく中、内容の解析によって適切なコンテンツに広告掲載が可能となるコンテクスチュアルターゲティングが注目されている。これをYouTubeにおいて実現したのが、フリークアウトホールディングスの新規事業であるGPだ。本記事では同社の石瀬氏がパートナーであるGroupM社MediaComに導入の経緯や成果を聞いた。

YouTubeは今や外せないメディアの一つに

石瀬:GPの石瀬です。当社はフリークアウトホールディングス100%子会社として、コンテクスチュアルターゲティングを活用したYouTubeの広告枠買付システムを提供しています。本日はプロダクトを活用いただいているGroupM社のMediaCom森田さんにお話をうかがいます。森田さん、はじめにご担当されている領域やミッションについて教えて下さい。

森田:GroupMは、WPPグループで世界中に展開している総合代理店です。現在はそこでメディアプランナーとしてクライアントの各キャンペーンの提案、企画・立案から実施、結果検証、レポーティングまで幅広い領域をトータルで担当しています。

 私たちのクライアントも、グローバルにて展開している企業が多く、現在はコンシューマーブランドなどの大手企業をメインに担当しています。外資系ならではの環境においてフットワークの軽さを十分に発揮することができ、かつ一貫して担当しているため、クライアントとはチームの一員として、共通のゴールを持ち、共にキャンペーンを作り上げています。

MediaCom Senior Planner 森田敦氏
MediaCom Senior Planner 森田敦氏

石瀬:ありがとうございます。早速ですが、メディアプランニングの現状について教えてください。

森田:プランニングにおいては、メディアの選定がとても重要です。現在、クライアントのデジタル広告に費やす予算はYouTubeが圧倒的に多く、外せないメディアの一つとなっています。テレビCMと違い、ターゲットを絞って広告を配信できるメリットはもちろんのこと、費用対効果も高く、圧倒的なユーザー数があるからです。しかしその影響力が大きいほど、課題も感じています

マーケターがYouTube広告に抱えるジレンマとは?

石瀬:どのような課題を感じているのでしょうか?

森田:近年、ワイヤレスホンやBluetoothの普及でYouTubeのコンテンツを耳で聞く機会が増えて、ながら聴きのようなかたちで、広告も耳で聞く機会が増えたと自身の実体験で感じていました。たとえば音楽系のコンテンツを聞いていて広告が表示されている際、これは果たして完全視聴に入るのだろうか? と疑問をもっています。

 また、広告の内容についても特にここ最近、オーディエンスターゲティングが適切なのか? と疑問に思うことが増えました。具体的には、自分のデバイスに表示される広告が自分にとって関連が薄かったり、自分は明らかにそのターゲットではなかったりすることが多くなっています。コンテンツと広告の内容が合っているとは言えないケースも見られます。これはアフィニティ*の定義が合っていない現状があるのではないかと考えました。

*アフィニティとは、YouTube広告で活用できるユーザーの興味関心に基づくターゲティング。

 この現状を実際に体感し、果たして自分自身がクライアントに提案してきたことは正しかったのか? とジレンマを感じるようになりました。

石瀬:森田さんにお話しいただいた課題を、私も強く認識しています。その解決のために、今回コンテクスチュアルターゲティングの技術を活かしたGPを開発しました。

次のページ
データ保護の潮流・YouTubeのポリシー変更も無視できない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/05/31 11:30 https://markezine.jp/article/detail/39018

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング