SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「スマホ利用後、雑誌広告を見る機会が減った」3人に1人が認識か【ジャストシステム調査】

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、事前の調査で「スマートフォンを利用している」と回答した10~60代の男女960名に対し、『スマートフォンとライフスタイルの変化に関するアンケート』を実施した。

スマートフォン利用後、テレビの視聴時間や新聞・雑誌を読む時間は減った?

 スマートフォン利用後、40.8%の人が「雑誌を読む時間が減った」、34.9%の人が「テレビを見る時間が減った」、32.6%の人が「新聞を読む時間が減った」と回答。年代別に見ると、「雑誌を読む時間が減った」と回答した割合が最も多かったのは50代で48.7%、テレビは10代で49.4%、新聞は50代で39.3%となった。(※数字はすべて「すごく減った」「あきらかに減った」「少し減った」の合計)

パソコンの利用時間への影響

 スマートフォンを利用するようになってから、「パソコンの利用時間が減った」と回答した人は27.7%に。年代別に見ると、10代、30代、40代では、「パソコンの利用時間が減った」と回答した人が3割を越えた。(※数字はすべて「すごく減った」「あきらかに減った」「少し減った」の合計)

3人に1人が「雑誌広告を見る機会が減った」と回答

 スマートフォンを利用するようになってから、「雑誌の広告を見る機会が減った」と感じている人は33.1%に。「新聞の広告を見る機会が減った」と感じている人は30.8%、「テレビのCMを見る機会が減った」感じている人は30.7%となった。(※数字はすべて「すごく減った」「あきらかに減った」「少し減った」の合計)

約6割が、スマートフォンで待ち時間を埋められるようになったと回答

 スマートフォンを使うようになったことで、62.2%の人が、「注文したものを待つ時間を埋められるようになった」と感じていることがわかった。また、59.9%の人が「電車を待つ時間を埋められるようになった」と回答した。(※数字はすべて「すごくあてはまる」「あてはまる」「ややあてはまる」の合計)

10~20代のスマートフォンでのゲーム利用は1日平均70分以上に

 スマートフォンにおけるさまざまな行動について、1日あたりの平均的な利用時間を調べたところ、「アプリでのゲーム利用」が最も長く、65.3分となった。年代別で見ると、20代が最も長く(74.8分)、次いで10代(73.6分)、30代(68.4分)という結果に。

【調査概要】
調査期間:2014年12月9~10日
調査対象:事前の調査で「スマートフォンを利用している」と回答した10~60代の男女960名

【関連記事】
PCの月間ネット利用者数は昨年より8%減/スマホの月間ネット利用者は30%以上増
20代女性は毎日60分以上スマホで情報収集・サイト閲覧/広告は無料なら仕方ない
約4割がネット動画のシェア経験あり/シェア経験者はスマホでの視聴が多い傾向に【IMJ調査】
CMを見るとTポイントが貯まる!スマホアプリ「FiLMiL」新サービス開始
グノシーとフジテレビ、テレビ番組とスマホコンテンツ連動施策実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/12/18 12:30 https://markezine.jp/article/detail/21623

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング