SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂アイ・スタジオ、生活者の声を電子書籍化&プロモーションに活用するサービスを開始

 博報堂アイ・スタジオは、3月9日、SNSを通じた企業と生活者との共創から生まれたコンテンツを電子書籍化し、企業や商品のプロモーションとして展開できるサービスの提供を開始した。

 近年、ソーシャルメディアの普及と企業活動の広がりにより、企業と生活者の直接コミュニケーションが一般化している。一方的な企業発信ではなく、企業と生活者が一緒に活動し、新しい商品開発やリサーチの手法として共創コミュニケーションが注目されている。

活用例:食品・調味料メーカー

WEBサイトを通じてSNSで投稿された商品の感想や、レシピを書籍化し、生活者視点のレシピ本とすることで商品の利用促進に活用する。

 今回新たに開始した同サービスは、企業と生活者の共創により生まれたコンテンツを、テキストだけでなく写真や動画を盛り込める電子書籍として再編集し、新たなコンテンツとしてSNS上などでプロモーションできるもの。Twitterでのプロモーションに際しては、角川アスキー総合研究所が開発した「ePUB Viewer for Twitter」を活用しタイムライン上で閲覧できるようにする。また、デジタルだけではなく、プリントオンデマンド印刷を活用したリアルな書籍化も支援する。

【関連記事】
社員どうしで匿名で雑談できる企業内クローズドSNS「Flat」、使い方はいろいろ
資生堂、自社SNSの投稿記事まとめサイト「SHISEIDO キレイロ」リリース
顧客サービスにおけるSNS依存度は高まる傾向に【世界10か国/顧客サービスに対する意識調査】
3世代消費を支援!家族限定SNS「wellnote」が大丸松坂屋・PARCOと連携
SNSが最も多く利用されるのは金曜日【ニールセン調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/10 08:30 https://markezine.jp/article/detail/22091

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング