SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

創芸、個人情報を使用しない不動産販売に特化したDM商品を開発

 「Sogei エリアセグメントDM」は、創芸とヤマトダイアログ&メディア、カスタマーパブリッシングジャパンの3社の共同開発した不動産販売に特化したDM商品。不動産商品ごとに購入層を「富裕層」「シングル・DINKS」「ファミリー」「アクティ ブシニア」の4つのモデルに分類し、独自のGIS(Geographic Information System)データベースを活用して想定購入層の居住エリアを高確度にセグメント化。丁町目単位エリアの個人宅(オフィスを除く)の郵便受けに 宛名のないDMを配達することができる。

 エリアセグメント付配達価格は1通単価23円(1万通以上、A4版・50グラム以内)に設定。専用の印刷(A4版、圧着8P)とエリアセグメント付配達のセット商品では、1通単価49円(5~10万通未満)と「郵便はがき」程度の低単価に設定されている。

「Sogei エリアセグメントDM」
(A4版・圧着8ページ)の表紙イメージ
※画像はプレスリリースより転載。

 商品開発に参加したヤマトダイアログ&メディアは、ヤマトグループの持株会社ヤマトホールディングスとドイツポスト・ワールドネット傘下のディー・エイチ・エル・グローバルメール・ジャパンの合弁会社として2006年4月に設立。「Sogei エリアセグメントDM」はドイツで成功したエリアマーケティングのノウハウをもとに、ヤマトダイアログ&メディアが日本のマーケットに合わせて開発した「エリアセグメント付き宛名なしDM」をベースに開発されている。

【関連リンク】
デジタルガレージと創芸とカカクコム、“不動産2.0”ポータルサイト「mansion DB」開設を発表
オプトグループとヤフー、不動産関連事業で提携
はみ出し銀行マンの投資相談室 Vol. 7 「Jリートが暴落し、資産が半分に…」
賃貸住宅の不動産投資に黄信号
街の特徴を偏差値で算出した「街力」 全国約800都市のトップは千代田区

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/03/14 09:45 https://markezine.jp/article/detail/2910

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング