MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オフラインでもブラウザがワープロ代わり、Google Docsにオフライン編集機能が登場

2008/04/01 20:15

  これまではGoogle DocsのURLにアクセスし、ブラウザに表示された画面で文書の作成・編集作業を行った場合、作業開始から保存まではインターネット接続状態「オンライン」であることが前提となっていた。しかし、公式ブログで紹介されたオフライン機能を使うと、インターネット接続がない状態でも文書の作成・編集が可能になる。

 ブログで公開されている動画では、Google Docsのプロダクトマネジャーが登場し、屋内でノートパソコンを使ってインターネットに接続して文書を編集したあと、自転車に乗って公園に出かける。公園のベンチに座って再びノートパソコンを開き、ブラウザでGoogle Docsにアクセスすると、ブラウザにはオフラインを示すグレーのアイコンが表示される。しかし、Google Docsがダウンロードしておいたファイルをブラウザ上で開いて、公園でも文書を編集・保存。再び屋内に戻ってオンラインとなったときに、Google Docsのアイコンはグリーンとなり、サーバにある文書がオフラインで編集した文書と同期する。

 この機能を利用するには、事前にGoogle Gearと呼ばれるブラウザの拡張機能をインストールして、オフラインアクセスをオンにする。現在は、Google Docsの機能のうち、ワープロ機能でのみ利用可能となっており、表計算やプレゼンテーション機能には対応していない。また、現在は一部のユーザーに対して限定的に公開されているため、日本のユーザーが利用できるようになるのはまだ先になりそうだ。

【関連リンク】
グーグル、Gmailに添付されたエクセルファイルをサクっと表示するサービス開始
「ドキュメント一覧がぐっと使いやすく」 Google Docs & Spreadsheets新機能追加
多様化するサービスの「わかりづらさ」を解消、「Google日本版」ホームページにタブを追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5