SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オトバンクとQUANTUM、企業固有の「音」をブランディングに活用する事業を開始 東京ガスなどが参加

 オトバンクは、QUANTUMと共同で、ブランデッドオーディオレーベル「SOUNDS GOOD」を設立した。

 同レーベルは、企業やブランド固有の音から、ASMR(※)音源を抽出し、リスナーに届けるもの。たとえば、工場の製造ラインで発生する特徴的な音や、製品使用時の音といった、これまでその企業やブランドの中に存在していたにも関わらず着目されてこなかった音や声を、ブランディングのアセットとして捉え、音源化する。

(※)Autonomous Sensory Meridian Responseの略。人が聴覚や視覚への刺激によって感じる、心地良い、頭がゾワゾワするといった反応・感覚のこと。

 また、若手を中心としたアーティストとのコラボレーションなどを通じて、音源を「楽曲」へとコンテンツ化し、提供することで、企業とリスナーとの接点を作り出す。

 第一弾への参加企業は、東京ガスと東日本旅客鉄道、ユカイ工学の3社。それぞれ「工業用バーナーの燃焼音」「山手線大塚駅周辺のまちの個性を表す音」「製品プロトタイピングの過程で発生する独特な音」を収録したASMR音声コンテンツを、同レーベル上で順次公開する。

【関連記事】
博報堂DYMP、米Instreamatic社との連携で「インタラクティブ音声広告システム」提供へ
ナビタイム、電通と「カーナビ音声広告」を開発 音声案内後に店舗に立ち寄るユーザーは10%超え
ドライブ行動特性に合わせて音声広告を配信!TOKYO FM、パイオニアと広告配信サービスを共同開発
Voicyと日本経済新聞社が業務提携 ビジネス分野などで音声を活用した新メディアサービスを開発へ
“音声のみ”で注文完了! トランジット、飲食店向けにスマートスピーカー連動のオーダーシステムを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング