SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ネットショッピング経験者はRSSに興味あり?

 Eストアーのアンケート結果によると、「どのような機能か知っている(22.8%)」、「名前を知っている(37.4%)」と合計60.2%がRSSを認知していることがわかった。また、RSSを認知している人に対し利用状況を聞いたところ、合計38.7%が「現在利用している(20.2%)」、「過去に利用したことがある(18.5%)」と回答。一般的な利用率に比べてネットショッピング経験者のRSS利用率は高いという結果になった。また、「利用経験は無いが今後利用したい(41.9%)」という意見も多く、合計80.6%もの人がRSSの利用経験がある、もしくは今後利用したいと考えているようだ。

 RSSを利用、もしくは利用したいと思う理由については、「最新情報を常にチェックできる(73.5%)」が最も多く、「お得な情報を逃さない(29.0%)」、「メールマガジンよりも簡潔で読みやすい(23.5%)」、「登録の際、個人情報の入力が不要(20.0%)」など、RSSの速報力と手軽さが主な理由になっていると考えられる。 

 また、RSSでの情報収集が一般化されると、新聞の購読が減るのではという意見がある中、「現在RSSを利用している」と答えた人にRSS以外の情報収集手段を聞いたところ、「新聞、雑誌(64.0%)」と大半以上が、「新聞は内容が深く、しっかり理解できる(71.9%)」などの理由で新聞とRSS両者の効率性を活かしながら併用していることもわかった。

 ネットショッピングにおけるRSSの活用については、「セール情報(79.1%)」、「新商品の入荷情報(63.6%)」などネットショップに関するお得な情報をRSSで取得したいという声が多く、ネットショッピングにおいてもRSSに対する期待度は高いことがうかがえた。

詳細:Eストアー、プレスリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:21 https://markezine.jp/article/detail/327

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング