MarkeZine(マーケジン)

記事種別

キャッシュレスの利用意向に男女差 年代・性別ごとの実態調査【イプソス調べ】

2020/10/02 14:15

 グローバル市場調査会社のイプソスは、決済方法の実態を捉えるキャッシュレスマンスリー実態調査の9月の結果を発表した。

 同社は1月から毎月、約2,400名に対して、前月1ヵ月間のクレジットカード、QRコード決済、デビットカード、電子マネーとプリペイドカード、現金の利用実態について、オンラインアンケートを実施。9月の調査結果は6~8月の支払いを表している。

 以下、一部内容を紹介する。

ポイント還元終了で、キャッシュレスの利用が停滞

 今年の1月から続いてきた現金支払いの減少はほぼ見られず、キャッシュレス決済の割合は全体的に停滞状況だ。QRコード決済の利用は、政府主導のキャッシュレス・消費者還元事業により利用金額は増えたが、6月の終了以降は10%台にとどまっている。QRコード決済の利用促進にはキャンペーンやイベントが効果的だが、恒常的利用には課題がありそうだ。

20代の現金利用が一時増加

 年代別でのキャッシュレス化の進行度合いについて、20代は7月に現金利用が一時的に増加したが、8月になってはほぼ6月と同じレベルに戻った。現金支払い金額の割合はほぼ変化なく続いていることがわかる。

 50代においては7月に現金利用が微減。QR決済、電子マネー、デビットカードの利用がそれぞれ微増したものの、8月にはクレジットカード利用が増えていた。

キャッシュレスの利用意向に男女差

 性別ごとに見てみると、現金利用は男性より女性が多いことから、男性のほうがキャッシュレスの利用意向が高いことが伺える。クレジットカードの利用においては男女の差はほぼないが、男性のほうがよりQRコード決済を利用していた。

【調査概要】
調査時期:1月15~20日、2月14~17日、3月13~16日、4月17~22日、5月15~19日、6月15~19日、7月15~19日、8月15~19日、9月15~19日
調査対象者:日本全国の18~79歳男女
サンプルサイズ:1月2,401名、2月2,401名、3月2,400名、4月2,400名、5月2,400名、6月2,400名、7月2,400名、8月2,400名、9月2,400名
調査方法:オンライン調査

【関連記事】
2020年前半、キャッシュレス化進行にQRコード決済が寄与/イプソス調査
イプソス、ターゲットの興味関心を捉えるためのソリューション「Digital Personas」を発表
減少し続ける60代の現金利用率 一方40~50代では増加傾向に/イプソス、キャッシュレス実態を調査
"現金派"が最も多いのは20代女性/約6割が「キャッシュレス化をしたい」と回答【マクロミル調査】
「現金決済主義」は4割と少数派 KDDI『「さよなら現金」意識調査2018』を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5