SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年のYouTube動画のトレンドがわかる?【インフルエンサーパワーランキング】

 BitStarは、自社で開発したインフルエンサーマーケティングの分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」のデータに基づき、2020年1月~3月に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。

チャンネル総再生数1位は引き続きJunya.じゅんや

 2021年1月~3月の期間にYouTubeに投稿された動画において、同期間に多く再生されたチャンネルのランキングは次の通り。

【2021年1~3月】YouTubeチャンネル総再生数ベスト10
【2021年1~3月】YouTubeチャンネル総再生数ベスト10
第1位『Junya.じゅんや』

 2020年度のチャンネル総再生数ランキング1位のじゅんやが引き続き1位。この3ヵ月の動画投稿本数は400本以上。1動画の平均再生数も100万回を超えていて、相変わらずの人気ぶりだった。チャンネル登録者数の推移は1~3月で340万人ほど増加している。また、現在YouTubeのトレンドになりつつある60秒以内の縦型短尺動画「Shorts」を使った動画も多く、TikTokerならではの強みを押し出しているのが特徴。

第2位『東海オンエア』

 愛知県岡崎市出身の6人組YouTuberの東海オンエアが2位。2021年も人気は継続。メンバーをデザインしたマンホールが岡崎市に設置されるなど、マルチに活躍中。なお、月の動画の平均投稿本数は24本と多く、安定してクオリティの高い動画を投稿し続けられる企画力を持つ。

第3位『まいぜんシスターズ』

 「いつになっても、みんなでゲームを楽しむ心を忘れない」をモットーに、真面目なぜんいちと愉快なマイッキーの2人のYouTubeチャンネル。主に『マインクラフト』で遊ぶ動画が人気で、ゲームYouTuberの中でもトップクラスのチャンネル登録者数と再生数。

動画あたりの再生数1位YOASOBI、Candy Foxxが2位、3位

 2021年1~3月の間にYouTubeに投稿された動画1本あたりの再生数のランキングは次の通り。

【2021年1~3月】動画再生数ベスト10
【2021年1~3月】動画再生数ベスト10
第1位Ayase/YOASOBI

 「怪物」Official Music Video (YOASOBI - Monster)
 ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニット・YOASOBI。昨年は「JC・JK流行語大賞2020年上半期」(株式会社AMFが発表)のヒト部門で1位となったり、紅白歌合戦にも出場したりとブレイクの年になった。

第2位【Candy Foxx】

 2nd Single【SUSHI YAKUZA】
 2020年12月26日のPayPayドームのライブをもって解散したDJ集団『レぺゼン地球』の新たなプロジェクト『Candy Foxx』の2nd Single【SUSHI YAKUZA】。公開された翌日には400万回再生を超えたこのMVには、プロレスラーとして活躍する藤原喜明が出演していることでも話題に。

第3位【Candy Foxx】

 1st Single【GOSHI GOSHI】
 2021年1月1日に発表された『Candy foxx』の1st Singleの『GOSHI GOSHI』が連続でランクイン。この曲はレぺゼン地球の初楽曲である『5454』を再構成した内容となっており、メンバーが狐の面を被ってダンスを踊っているのが特徴的な楽曲。

タイアップ動画再生数1位は荒野行動

 2021年1~3月の間に投稿されたタイアップ動画(広告コンテンツ)で、同期間に多く再生されたものは次の通り。

【2021年1~3月】タイアップ動画再生数ベスト10
【2021年1~3月】タイアップ動画再生数ベスト10
第1位荒野行動

 NetEase Gamesの『荒野行動』のタイアップ動画が904万回再生で1位に。2020年1月2日にはゲーム内バーチャルLIVE「乃木坂46 LIVE IN 荒野」も開催された。

第2位コアラマットレス

 Koala Sleep Japanのコアラマットレスが596万回再生で2位に。タイアップ動画の中で最も再生数が多かったクリエイターはヒカル(Hikaru)で、170万再生を超える。

第3位Yay!(イェイ)

 トークコミュニティSNSの「Yay!(イェイ)」がランクイン。トークコミュニティSNSということもあり、歌い手や魅力的な声を持つイケボなインフルエンサーが多く起用されている。中でも、「まぜ太/歌うまゲーム実況」は1~3月の3ヶ月間だけで6本のタイアップ動画を公開した。

【関連記事】
2020年に最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】
2020年夏のYouTube再生数1位は「東海オンエア」【インフルエンサーパワーランキング】
2020年上半期、最も見られたYouTube動画やチャンネルは?【インフルエンサーパワーランキング】
コンテンツが良ければ案件動画も見る YouTube利用実態【GLAPentertainment調べ】
約8割の高校生が毎日欠かさずYouTube視聴 一番人気は「東海オンエア」/LINEリサーチ調べ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/04/23 08:00 https://markezine.jp/article/detail/36180

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング