MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日本マクドナルド、「かざすだけで注文できる」おサイフケータイを使った新型クーポンを初導入

2008/05/20 11:35

 日本マクドナルドホールディングスとマクドナルドのモバイル会員向けサービスの企画・運営業務などを行っているThe JV株式会社は、5月20日からおサイフケータイとリーダーライターを使ったマクドナルドの新型クーポン「かざすクーポン」の提供を開始した。

かざすクーポンを保存した携帯電話と店頭のリーダーライター
※画像はプレスリリースより転載

 「かざすクーポン」は、マクドナルドの「トクするケータイサイト」で、おサイフケータイ機能付きの機種で会員登録したあと、「かざすクーポンアプリ」をダウンロードすることで利用可能となる。利用者は、サーバーからアプリに配信されるクーポンの中から購入したいクーポンと数量を選択し、携帯をリーダーライターにかざすだけで注文することができる。会計はiD決済のときには、リーダーライターにかざすだけで支払可能。現金やマックカードでの支払いもできる。このようなFeliCaを介したクーポンオーダーサービスの提供は、日本の外食産業では初めての試み。

 マクドナルドは"かざすクーポン"の導入と共にCRMの仕組みを導入し、「かざすクーポン」の利用によって取得した購買履歴に応じて、利用者の好みに合わせたキャンペーンの提案や、特定商品の購買回数に応じたサービスの提供などを計画している。

 「かざすクーポン」は5月20日から、福岡県・佐賀県・鹿児島県・荒尾市(熊本県)・日田市(大分県)・下関市(山口県)のマクドナルド計175店舗でサービスを開始。7月からは首都圏の一部にも導入し、2009年中に全国3800店舗への導入を完了する予定となっている。

【関連リンク】
夏のアイスコーヒーにもマクドナルド旋風? 1か月半で3000万杯を突破した「プレミアムローストコーヒー」をアイスで展開
実は「買いたいコーヒーランキング1位」のマクドナルドが、高級コーヒーの無料提供サービスを実施
マクドナルドとドコモが新会社設立、会員組織の設立と「おサイフケータイ」導入を展開

プレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5