SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

そごう・西武とROUTE06、OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA」開発で協業

 そごう・西武はROUTE06と協業、そごう・西武のメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA」を開発した。

利用イメージ
利用イメージ

 CHOOSEBASE SHIBUYAは、店頭/ECのシステムやオペレーションを融合させ、オンラインとオフラインを自由に行き来できるストア。ECの完全在庫連携を実現し、店頭で見た商品を帰宅後オンラインで購入する、あるいはオンラインで購入した商品を店舗で受け取るといった、顧客目線での購買体験のあり方を追求したもの。

 その実現のために、両社は以下を協業した。

  • RaaS業態の事業開発
  • デジタルUXの設計及びUIデザイン
  • 店舗、ECのオペレーションとロジスティクスの設計
  • システムアーキテクト及びアジャイル開発
  • テクノロジーパートナー選定及びAPI提供

 なお、西武は今回初めてRaaS業態を採用。販売商品のシステム登録と商品配送以外の業務をすべて代行することで、実店舗の出店実績が少ないブランドでも簡単に出店できる仕組みを構築した。

 CHOOSEBASE SHIBUYAのオープンはECストアが2021年9月1日、リアルストアが翌9月2日(予定)

【関連記事】
産経デジタルとunerry、ペットサービス事業者向けOMOサービス「petie」を提供開始
favy、サブスクを活用した店舗DX・OMO事業の支援サービスを提供 立ち上げから販促までをカバー
Virtusizeとニューワールドカンパニーが業務提携 フットウェアのOMOサイジングサービス提供へ
アダストリア、初のOMO型店舗「ドットエスティストア」オープン
Reproが「洋服の青山」のOMO推進パートナーに アプリ・ウェブのマーケティング支援を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/01 16:45 https://markezine.jp/article/detail/37182

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング