SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine RESEARCH

【締切まであと2日!】マーケターは売上にどう関与しているのか?

 MarkeZineが実施するマーケティング動向調査。2021年度のアンケート締め切りは9月30日です。本稿では2020年の調査結果から、「マーケティング担当者の売上への関与」をご紹介します。

売上が直接的な評価指標は全体の2割

 MarkeZineが毎年実施している、「マーケティングの最新動向を探るアンケート調査」。回答の締め切りまで残り2日!ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 『マーケティングの課題とデジタル活用に関するアンケート調査』

 ・回答締め切り:2021年9月30日

 ・アンケート回答フォームはこちら

 ・回答者特典

  希望者全員:調査資料刊行前に調査サマリー(PDF版)をご提供

  抽選で20名様:Amazonギフト券5,000円分をプレゼント

 ※1.本調査は【株式会社翔泳社】による提供です。本調査についてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。support@markezine.jpまでお願いいたします。

 ※2. AmazonはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

 ※3.回答はお一人様一回です。

 今回は2020年度実施の動向調査からマーケティング担当者の売上への関与をご紹介します。

 マーケティングと営業など、他部署との連携が高まる中で、売上という指標が、マーケティング担当者の評価にどのように関わっているかを調べました。「売上は、別部門の管理指標であり、直接的な関わりはない」という回答の割合が3割超で最も高い結果となりました。「売上は、マーケティング担当者の直接的な評価に関わるKPIとなっている」は2割超でした。

あなたの勤務先では、マーケティング担当者は売上にどのように関わっていますか。最も近いものを一つお答えください。(N=1,063/単一回答)(タップで拡大)
あなたの勤務先では、マーケティング担当者は売上にどのように関わっていますか。最も近いものを一つお答えください。(N=1,063/単一回答)(タップで拡大)

 これを売上規模別に見ると、「売上高1,000億円以上」では「売上は、マーケティング担当者の直接的な評価に関わるKPIではないものの、マーケティング部門の成果指標として重視している」の割合が最も高く、「売上は、マーケティング担当者の直接的な評価に関わるKPIとなっている」は27.8%で、すべての売上規模の中で最も高くなっていました。

マーケティング担当者は売上にどのように関わっているか【売上規模別】タップで拡大)

マーケティング担当者は売上にどのように関わっているか【売上規模別】(タップで拡大)

 市場や生活者の価値観が変化し続ける今、マーケティングへの期待が高まる傾向にあります。さらなる結果を求められるようになっていると換言できるかもしれません。2021年、あなたの業務において売上とはどのような存在でしょうか?アンケートにて、教えていただければと思います。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine RESEARCH連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/28 15:00 https://markezine.jp/article/detail/37390

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング