SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LPOツール「SaiL」、データアーティストのCVR最適化AIサービス「Microscope」と連携

 セプテーニは、DLPOと共同開発したLPOツール「SaiL(セイル)」にて、データアーティストのCVR最適化AIサービス「Microscope」と連携を開始した。

 今回の連携により、「SaiL」ではサイトへの再訪ユーザーだけでなく初回来訪も含めた全ユーザーを、これまでの閲覧履歴や行動データに基づき興味関心や検討深度に応じた複数のセグメントに自動分類し、分類したセグメントごとにLPを出し分けることが可能となった。これにより、コンバージョン率のさらなる改善を図ることができる。

 連携した効果について、芸能関連業界のクライアントにて実証実験を行った。「Microscope」でAIを活用し、来訪ユーザーを興味関心に応じた2つのセグメントに分け、ファーストビュー訴求軸で3パターンのLPを制作し、各セグメント別にABテストを実施した結果、各セグメントによって効果の高いLPパターンが異なることがわかった。また、通常のLP配信時のCVRと比較して、全てのオーディエンスに平均的に効果が高いLPを配信した場合の改善率が25.8%だったのに対し、「SaiL×Microscope」を活用してセグメント別で効果が高いLPを配信した場合は38.7%の改善率を達成した。

 「SaiL」は、AIを活用して「ABテスト×パーソナライゼーション」を行うことで高いコンバージョン率を実現するLPOツール。同ツールでは、各オーディエンスデータからAIでスコアリングを行い、見込みスコア別に配信セグメントを自動生成し、各セグメント対して訴求軸やコンテキストなどのABテストを実施する。

 一方「Microscope」は、AIを活用してコピーの自動生成と訪問ユーザーの自動分類・セグメンテーションを行い、各セグメントに応じたコピーのABテストによりCVRを最適化できるAIサービス。

【関連記事】
プレイド、ノーコードでサイトの更新・評価・改善ができる「KARTE Blocks」正式版の提供を開始
CA、AIでランディングページ制作を刷新・改善する「極予測LP」の提供を開始
広告やLPの表現内容を薬機法/景表法の観点でチェック ADrimが「AD JUDGE」をリリース
セプテーニ、機械学習技術を活用したテキスト広告クリエイティブに関する研究・開発を強化
セプテーニ、AIと人によるクリエイティブ制作で広告効果を担保するメソッドを構築

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/09/28 17:30 https://markezine.jp/article/detail/37395

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング