SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

『SiteTracker 8』日本語版が発売

 インターネット広告費の伸びにより、アクセスログ解析ツールに対する需要が年々高まっている中、従来のアクセスログ解析ツールの課題は「対応ログ形式が製品によって異なる」「データ加工の自由度が少ない」「運用管理側の使い勝手が悪い」といった3点が挙げられていた。『Site Tracker 8』では、今回のバージョンアップによりこれらの課題を大幅に解決したようだ。

 対応ログ形式はサーバーログ型ウェブビーコン型の混合方式となり、より詳細なログを取得できるよになり、標準レポートの種類も40種類から100種類と拡張。

 新機能の一つとして「ディスカバリパネル」と呼ばれるドラッグ&ドロップ対応のインターフェイスが追加され、データ解析を行う際の操作性を大幅に向上。IE上でリアルタイムにリンク数や訪問者数などの情報を知ることができる「Site Tracker オーバーレイ・ビューア」なども新たな機能として加わっている。

 また運用管理面においても、訪問者、ページアクセスといった項目に閾値を設定することで自動的にメール送信が可能となり、管理者の手間を軽減させている。

 『Site Tracker』は1999年にVer.4日本語版が発売されてから現在まで、国内では2600本以上の販売実績がある。今回のバージョンアップにより、今後1年間で3億円の売上を見込んでいる。

 

プレスリリース:インターネット上のあらゆるログを分析しアクセス訪問者の行動を詳細に追跡比較分析機能の追加でさらに詳しいマーケティング分析が可能になった『SiteTracker(サイトトラッカー) 8』日本語版 発売のお知らせ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:34 https://markezine.jp/article/detail/400

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング