SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯の検索サイト、認知率トップはYahoo!モバイル

【調査結果概要】

携帯サイトの利用(閲覧)頻度、「週に1回以上」50%
 携帯サイトの利用頻度は、「週1回以上の利用」が50%、利用頻度は、若年層ほど高く、高校生の23%以上が「週20回以上の利用」と回答。「週1回以上の利用」では、大学生(短大生・専門学校生を含む)の70%が最も高く、高校生が66%、20代社会人63%となった。

今後「検索サイトの利用が増える」45%
 携帯サイトを探す際、「メニューリスト」と「検索サイト」では、「メニューリスト」の利用が54%と半分以上となった。逆に、「携帯の検索サイト」の利用は15%。今後の利用意向では45%が「検索サイトの利用が増える」と回答している。これは、携帯キャリア各社が検索エンジンを公式に採用したことが起因していると推測できる。

知っている携帯の検索サイト「Yahoo!モバイル」76%、
 最も使っている携帯の検索サイトは「Yahoo!モバイル」が50%。携帯の検索サイトの認知率では「Yahoo!モバイル」がトップの76%、次いで「Googleモバイル」49%。最も利用頻度の高い検索サイトでも「Yahoo!モバイル」がトップの50%、次いで、「Googleモバイル」21%となった。PCでの高いブランド力と携帯キャリアでの正式採用が寄与していると推測できる。

携帯サイトの検索結果は89%が上位10番目までしか閲覧しない
 検索サイトでの検索結果では、67%が上位5番目までしかサイトを閲覧しないと回答。10番目以内の閲覧では89%に達する。サイトの種類にもよりますが、サイト運営者はPCのサイトと同様に、SEO・SEM対策が必要になることが予想される。


IMJMプレスリリース:携帯電話のサイト検索に関する利用実態調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/23 22:42 https://markezine.jp/article/detail/412

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング