MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Googleの3D仮想世界サービス「Lively」が年内閉鎖

2008/11/21 12:45

 7月8日に公開された「Lively」(www.lively.com)はセカンドライフ同様、自分のアバターを作成し、自分の「部屋」を用意してカスタマイズしたり、ほかのユーザーとチャットをして楽しむことができるサービス。

 しかし、Googleはこの実験的なサービスで成果をあげることができなかったとして、12月31日で閉鎖することを決定。ブログやウェブページに埋め込まれた部屋は、そのまま画像として表示を続けるが、部屋に入って利用することはできなくなる。

【関連記事】
Googleの3D仮想空間サービス「Lively」、続々部屋が増殖中
美少女キャラと3D空間で生活できる「ai sp@ce」2008年夏オープン
3D仮想空間サービス「スプリューム」、ポータルサイトをリニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5