SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米オンラインショッピング年末商戦、出足は悪くないもののゼロ成長との予測

  comSocoreは、11月から12月にかけてのホリデーシーズン期間の米国のオンラインショッピングについての調査結果を発表した。米国では11月の第4木曜日が感謝祭で、その翌日「ブラックフライデー」から年末商戦が本格化する。さらにブラックフライデーが明けて最初の月曜日を「サイバーマンデー」と呼び、ここから年末のオンラインショッピングが本格化するといわれている。今年は感謝祭が11月27日、ブラックマンデーが11月28日、そしてサイバーマンデーが12月1日となった。

 comScoreが11月30日に発表したレポートによると、今年のホリデーシーズンでは現在までのところ、オンラインでの売上は104億1000万ドルで、こ れは前年比4%減少している。しかし、感謝祭の売上は前年比6%増、ブラックフライデーで1%増となり、この2日間をあわせたオンラインでの売上は前年比2%増となっている。

2007年と2008年のホリデーシーズン(11月1日~28日)における
米国でのオンライン支出 (家庭・職場・大学の合計)

 同調査では、サイバーマンデーのデータはその年のホリデーシーズン全体の業績を占う指標であるとして、2005年から2007年のデータをあげている。以下の表を見ると、サイバーマンデーでの成長率は確かにその年のホリデーシーズン全体の成長率とほぼ同じ数値を示している。

2005~2007年のサイバーマンデーにおけるオンライン支出の成長率
(家庭・職場・大学の合計)

 感謝祭とブラックフライデーでは前年をうわまわっている現在、今年の年末商戦はオンラインに関してはそれほど悪い影響は出ないのかと思いたいところだが、comScoreは2008年のホリデーシーズン全体の売上を2007年と同じ292億ドルと予測。サイバーマンデーの前日に発表されたこの予測をくつがえすことはできるのか?今後のデータに注目したい。

【関連記事】
2008年3Q、逆風のなか米インターネット広告売上高は過去2番目の59億ドルに
米国でのテレビ視聴時間が過去最高、3割はネットとの「ながら視聴」に【Nielsen・3つの画面についての調査】
iPhone、3年連続首位のMotorolaを破って首位に【米携帯市場調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/12/01 13:52 https://markezine.jp/article/detail/6003

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング