SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

塾に通っていてうれしいこと、「成績が上がる」が「友だちに会える」を上回る

 バンダイナムコゲームスとネットマイルは、5月に小中学生を対象とした塾・通信講座についてのアンケート調査を実施し、592名から有効回答を得た。

 学校以外の方法で勉強をしている子どもは約6割で、塾に通っているのは3割、通信講座を利用しているのは4割ほど。利用を始めたきっかけで多いのは、塾では「親に言われて」(34.1%)、「通信講座」では、「自分のペースで勉強したかったから」 (35.0%)となっている。

塾や通信講座で勉強をしているか

 塾で学習している教科として最も多いのは「算数・数学」で、小学校低学年を除くすべての学年で8割を超えている。「英語」は小学校低学年で50.0%だったのが、小学校中学年で26.9%と半減し、高学年で36.8%と増加した後、中学生では86.5%と急激に伸びている。塾では学習教科には偏りが見られ、学年とともに大きく変化しているのに対して、通信講座では算数・数学、国語、理科、社会、英語の5科目を、各学年でほぼまんべんなく学習している。

塾に通っていてうれしいこと

  「塾」「通信講座」ともに学年が上がるにつれて自発的に勉強する傾向が高くなり、個人の勉強スタイルが確立されていく姿勢がうかがえる。このうち、塾通いでうれしいことについてたずねたところ、「成績が上がる」や「学校でならうよりも前に教えてもらえる」が上位を占め、「学校以外で友達にあえる」や「ちがう学校の友達ができる」といった、友人関係に注目した回答を上回る結果となった。

【関連記事】
小中学生の学習方法1位「塾」、2位「ニンテンドーDSなどゲーム機」
小中学生が塾で最も勉強しているのは「算数・数学」、意外と少ない「英会話」
電子機器を使って勉強するなら「DS」、5人に1人が利用
子ども向けAERA「月刊ジュニアエラ」創刊号は「貧困」特集

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/06/23 13:40 https://markezine.jp/article/detail/7610

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング