SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

あなたのWebサイトはいくら? 売買取引・M&Aを支援する「WEBサイト適正価格査定サービス」

 あなたのサイト、もしくはあなたの勤める企業のWebサイトにはいくらの価値があるだろうか? Webサイト売買・M&A総合仲介サイト「サイトレード」を運営する株式会社ゼスタスは、Webサイトの適正価格を査定する「WEBサイト適正価格査定サービス」を、3月1日から開始した。「WEBサイト適正価格査定サービス」の価格は、1サイト60万円(スタンダードプラン)。

 Webサイトの出来は企業によって大きく異なる。優秀なWebサイトは、企業の広告や売上に大きく貢献しているのだ。「サイトレード」は、Webサイトの売買やM&A活動の支援を目的に、2006年10月に開設されたサイト。今回追加される「WEBサイト適正価格査定サービス」は、企業がM&Aを行う際に必要不可欠な「デューデリジェンス(企業査定)」と同じように、WEBサイト自体の適正価格の査定を行うものだ。従来、WEBサイトの売買においては、WEBサイトが資産として認められなかったり、本来の価値よりも低く評価査定される場合が多く、売り手と買い手の双方がともに満足できる希望価格で折り合いをつけるのが難しかった。

 そこでゼスタスでは、Webサイトの売買価格設定に際し、客観的評価を下せるサービスを提供するため、Webサイトの売上やキャッシュフロー、会員数、アクセス数、システムといった各要素を、8つの項目に分類して分析評価を行い、サイトの適正価格を判断するプログラムを独自に開発。プログラム開発には、提携公認会計士のコンサルティングに基いている他、企業デューデリジェンスのモデルを一部用いている。

 企業において、Webサイトは窓口であると同時に、資産でもあるという認識が徐々に広がっていくだろうか。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:10 https://markezine.jp/article/detail/825

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング