SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Yahoo!がブログ検索に評判情報検索などの新機能を一気に追加

 Yahoo!ブログ検索 BETAに行くかYahoo! JAPANの通常の検索窓から「ブログ」タブを選ぶことで、使用可能になっている。主な追加機能は以下の通り。

  1. 評判情報検索
  2. まとめ検索
  3. 注目度グラフの比較表示
  4. よく出てくるキーワード
  5. 似たものワード
  6. 検索履歴

 1の評判情報検索は、ブログの記事から評判や評価に関連する語を自動解析し、円グラフとともに関連する記事などを表示する機能。たとえば「Wii」と検索すると、「ポジティブな表現」「ネガティブな表現」などに分類して表示され、ブログ界でのリアルタイムな反応をざっくり把握することができる。

評判情報検索

 2の「まとめ検索」は、検索結果の上位100件をグループごとにまとめて表示する機能。内容が似た記事ごとにまとめて見られるので、情報を効率的にチェックできる。

まとめ検索

 3は、「キーワードの注目度」グラフは、これまでもあった機能だが、今回、複数のキーワードで同時に表示できるようになった。例えば「WiiとPS3とXBox360」といった、興味のあるキーワードの注目度の推移を比較表示するのに使えるだろう。

 4は、任意の期間のブログに頻出するキーワードを「よく出てくるキーワード」として表示するもの。たとえば「Windows」で検索したときに表示される「キーワードの注目度」のグラフで、急上昇している部分をクリックすると、「vista 発売日」などと表示されるので、その時何があったかを把握することができる。

 5は、検索キーワードと同じ文脈で用いられたり、並列の位置づけで出現することが多いキーワードを「似たものワード」として画面下に表示する。

 6の「検索履歴」は、直近の検索キーワードや閲覧したブログや記事を保持できる機能。

 Yahoo!では、これらを実験的なサービスとして提供し、ユーザーのフィードバックを活かしながら、様々な方向性を検討したいとしている。

 昨今、Yahoo!に限らず、Googleやgooなども「評判検索」に代表される従来の全文検索から一歩進んだ検索サービスを提供するようになってきた。大手検索エンジンの新規サービス公開合戦は今後も続くだろう。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/09/12 17:47 https://markezine.jp/article/detail/844

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング