SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本の伝統崩壊? 手書きの年賀状より「あけおめメール」に真心を感じる人たち

 KLabは、2007年の年賀状事情とバレンタイン事情について、同社が運営する携帯向けポイントサービス「ケータイコイン」の女性ユーザーに対して行った調査結果を発表した。回答したのは20~30代を中心とした女性ユーザー1,861名。 

 まず、年賀状に関しては「2007年の年賀状をどんな方法で送付したか」という質問に対して、ハガキで送ったユーザーが58.9%、PCや携帯のメールまたはメールサービスで年賀状を送った人はほぼ同数の58.2%。若い人の間では、「リアルタイムで届く"あけおめメール"のほうが、何日も前に書かれたはがきの年賀状よりも心がこもっている」と思う人が多くなっており、年齢別で見ると年代が若くなるほど年賀メールが増えている。

 また、バレンタインについては、73%が「本命」と「義理」を合わせてチョコレートをプレゼントしており、27%が「あげてない」と回答。ここ数年流行傾向にある"自分チョコ"だけを購入した人は2%だった。

プレスリリース:「KLab、2007年の年賀状・バレンタインについてアンケートを実施」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 19:19 https://markezine.jp/article/detail/859

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング