SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

石川遼、森繁、マイケルを押さえて「イチロー」がトップ
今年の活躍を後世に伝えたい人ランキング

 ソニーマーケティングは、今年1年を振り返って「記憶に残しておきたいと思える出来事・人・もの」に関する調査を実施した。12月初旬に行われた調査では10代から60代の男女計600から回答を得た。

 記憶に残しておきたい出来事の1位は「民主党政権交代」で、今年最もポジティブな出来事であったと評価されている。印象に残ったキーワードでは、1位「政権交代」、2位「新型インフルエンザ」が圧倒的な強さを見せた。また、「デフレ」「不景気」「覚せい剤」など暗いニュースを象徴するキーワードも上位に多くランクインしている。

活躍を後世に残したい人

 今年その功績が注目され、活躍を後世に残し伝えたい人物では、「イチロー」が堂々の1位。10代初の賞金王に輝いた「石川遼」は2位にとどまり、3位「森繁久彌」、5位「マイケル・ジャクソン」、7位「平山邦夫」、9位「忌野清志郎」など、一時代を築いた故人をおさえての1位は、イチロー選手の活躍とその存在感がいかにすごかったかを物語っている。

【関連記事】
「総理大臣になってほしいアスリート」1位はイチロー
イチロー、WBC決勝直前のイメージ調査でも1位
タイガー・ウッズのブランド評価、ソーシャルメディアでのイメージは一変

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング