SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

60代男性がネットを利用する時間帯は?

 1月に行われた調査では、首都圏エリアの60~69歳の男性433名から回答を得た。定年退職を迎えても仕事についている人は、60代男性の72%(うち、フルタイム勤務は44.8%、時短・日短での勤務は21.2%)。このため、平日の不在率が高いのが特徴だ。

 インターネットは週末より平日の方が多く利用されており、時間帯も10時過ぎと、13時半頃から15時頃までの2回のピークがある。無職の層でこの時間帯の利用が多い理由としては、株式市況をチェックしていることが考えられる。

ネットをする時間帯 -曜日別-

 テレビ視聴については、朝の7時台から9時までと12時台、夜は18時頃から23時前までが高くなっており、週末でも平日と変わらず23時にはテレビを消している。また、ラジオ聴取の時間帯は、8時台後半から12時まで高くなり、13時から17時まで高い状態が続いており、働きながらラジオを聴いている人が多いことがうかがえる。

テレビを観る時間帯 -曜日別-
ラジオ聴取の時間帯 -曜日別-

【関連記事】
中高年のウェブメールの利用が急増
角川SSCと千趣会、シニア向け通販事業会社を設立
中国シニア層の8割はメールでコミュニケーション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/04/23 12:10 https://markezine.jp/article/detail/10198

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング