SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本でも米Twitter社の「認証済みアカウント」のマークをもらえるサービス開始

 米Twitter社は、アーティスト、アスリート、俳優、政府関係者といった著名人の成りすましを防ぐため、一部のアカウントに対してTwitter社が本人確認をしたことを表す「認証済みアカウント」というマークの表示を行っている。一方、CGMマーケティングは、著名人などからの依頼に基づいてアカウントの本人確認を行い、「twinavi公認有名人アカウント」としてナビゲーションサイト「twinavi」で紹介。現在250名の公認アカウントを掲載している。

 今後、CGMマーケティングは、twinavi公認アカウントを所有する本人の希望に応じて、Twitter社の認証済みアカウントとするための申請作業を行う。Twitter社が認証すべきと判断したものについては、認証済みアカウントのマークが発行されるようになる。

【関連記事】
企業も個人も無料で使えるツイッター解析サービス「TwiTraq」
ツイッターの訪問者が750万人突破、mixiの1000万人に迫る勢い
デジタルガレージ、米Twitter社と業務提携 日本語公式サイトでの広告販売で合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング