SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ニフティとスクエニ、「Game@nifty」でゲーム内広告の配信をスタート

 ニフティは、スクウェア・エニックスが提供する、ステージ間の広告配信が可能なカジュアルゲームを、ニフティのゲームポータルサイト「Game@nifty」で配信することを4月10日に発表した。

 カジュアルゲームは、パズル、アクション、カードゲームといった手軽に楽しめるゲームの総称。「Game@nifty」ではこうしたカジュアルゲームをユーザーに無料で提供し、ゲーム内広告を配信する。広告配信は、カジュアルゲームのプレイ中、ステージの変わり目に発生する「Natural Break」と呼ばれる「間」を利用して行われる。ユーザーが自然と手を休めるこのタイミングで広告を配信することにより、ゲームはゲームで楽しみながら、広告もしっかりアピールできる媒体として機能する。ニフティでは、4月10日からテスト配信を開始して、スクウェア・エニックスとともに分析を行うとしている。

 ゲーム内広告は米国で急成長している市場で、ネットマーケティング情報サイトeMarketerは、2006年から2011年の間にゲーム内広告市場は毎年約23%ずつ成長し、2011年には20億ドルの市場規模に達すると予測している。

プレスリリース:「ニフティ、「Game@nifty」でカジュアルゲーム内広告の配信を開始」
参考資料:"Let the Games Begin Advertising!" (eMarketer)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 21:10 https://markezine.jp/article/detail/1054

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング