SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、端末に依存しない電子書籍販売サービス
「Googleエディション」2011年にスタート

 現在提供している書籍検索サービス「Googleブックス」は、現在全世界で200万タイトル、3万社の出版社が参加している。グーグルは出版社、著者、図書館から提供を受けた書籍の全文をスキャンし、ユーザーにはそのうち20%のコンテンツを公開している。

 今回発表された「Googleエディション」は、「Googleブックス」の閲覧範囲の制限を外す権利を購入することによって、コンテンツのすべてが読めるサービス。電子書籍閲覧用の端末がなくても、ウェブブラウザがあれば閲覧可能で、過去に購入した書籍もいつでも好きな端末で読むことができる。また、オフライン時には、キャッシュを使って閲覧可能にする機能を開発中だ。

 「Googleエディション」の電子書籍は、グーグル以外のサイトでも購入することができる。ISBNコードがないものも取り扱いが可能で、ウェブコンテンツも対象となる。また、価格は各販売サイトが設定することが可能で、出版社は基本的に収益の半分以上を受け取ることになる。「Googleエディション」は北米では今夏、日本語版は来年はじめには提供を開始する。

【関連記事】
凸版と大日本、「電子出版制作・流通協議会」設立へ
電子書籍端末の市場規模、2015年には495億円
グーグル、「未来を選ぼう 参院選 2010」公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/07/09 13:16 https://markezine.jp/article/detail/10904

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング