SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、「リアルタイム検索」を独立
Googleアラートとも連携可能に

 ブログやSNS、ツイッター、ニュースサイトのように、矢継ぎ早に膨大な情報が投稿される“リアルタイムウェブ”に対応するため、グーグルは昨年の12月からリアルタイム検索を開始した。その中心となるのは、もちろんツイッターだ。これまでのリアルタイム検索では、通常のウェブ検索結果ページの中に組み込むようなかたちでリアルタイム検索の検索結果を表示していた。

 今回の機能強化では、「www.google.com/realtime」という独立したページを設けて、ユーザーが指定したエリアや日付にもとづいて情報やニュースを表示したり、リアルタイムウェブでの議論ややり取りをまとめて見やすく表示する「conversations view」を提供する。また、Google アラートとも連携し、登録しているトピックが投稿されたときに通知メールを送ることも可能になった。 

 リアルタイム検索とGoogleアラートの連携は40の言語で、エリアの指定と議論のビューは英国、日本、ロシア、スペインで、これから順次利用可能となる。 

【関連記事】
NHK「クローズアップ現代」がツイッター特集
旅行中もソーシャルメディア依存症? 「旅行中に投稿したことある」92%
ツイッターのつぶやき、100億件を突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング