SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネット時代のBtoBコミュニケーション実践的メソドロジー

これからのBtoBコミュニケーションのあり方とは?~デザインの視点から読み解く~


 CtoCコミュニケーションは、ITによって劇的な変化を遂げました。今後は、本格的にBtoBコミュニケーションにも影響を及ぼす時代が到来するのではないでしょうか。このコーナーでは、その変化の「潮流」をさまざまなテーマの分析と企業コミュニケーションを支援する第一線の現場社員へのインタビューなどを元にお伝えしていきます。そして、各回のまとめとして企画書のアクセントになる資料(PowerPoint)もプレゼント! 第1回目のテーマは企業コミュニケーションにおける「デザイン」です。

デザインは見えない価値を可視化する

 企業コミュニケーションにおける「デザイン」とは何でしょうか。

 店舗のレイアウト、洋服、自動車のボディ、建築、あるいは駅の案内など、われわれの身辺にはデザインがあふれています。デザインの領域は幅広く、生活とは切り離せないものです。

 広報や宣伝など企業のマーケティング担当者であれば、グラフィックデザインとしてパンフレットやWebサイトのデザインは身近に感じられることでしょう。デザインによって、われわれは直感的に企業やプロダクトを選別し、ブランドの価値を見出します。デザインは企業活動を豊かにするものであり、デザインこそが事業の成果を左右する、といっても過言ではありません。

 ダニエル・ピンク氏の『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』という本では、これからの時代はMBAよりもデザインの力が求められるという大胆な予測がありました。感性の時代の到来を宣言しています。また、大手ERPベンダーのSAP創業者のハッソ・プラットナー氏は、デザインコンサルティング会社IDEOの考え方に賛同し、次世代のデザイン系の人材を育てるためにスタンフォード大学のDスクール大学に多額の寄付をしているそうです。

 このような動向は最先端の小さな波紋かもしれませんが、注目すべき動向です。現在、視覚的な「意匠」としてのデザインだけでなく、情報、コンセプト、あるいは感性やコミュニケーションのデザインが求められるようになっています。ところで、下の図表は、SEデザインが作成したIT業界の変遷を表したマップです。

IT業界変遷マップ

 業務案内で使われているのですが、ここでは時代と市場規模をチャート化しました。左右は時間軸であり、左側の過去から右側の未来への流れを表現し、細かなグリッドでおおよその市場規模の推移がデザインされています。

 このチャートの意義は、複雑な業界の動向を構造化し、可視化したところにあります。同様に、お客様が漠然と考えている理想や要望を言葉やビジュアルでわかりやすくまとめること、インビジブル(invisible:不可視)なものをデザインによって可視化する、あるいは夢=Visionをカタチにすることが、SEデザインの手がけるサービスといってもよいでしょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
マイクロソフトの初期製品パッケージは「英語版と兄弟のように」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネット時代のBtoBコミュニケーション実践的メソドロジー連載記事一覧

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/07/09 16:07 https://markezine.jp/article/detail/1264

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング