SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルメディアの課金収入、2年連続で200%成長

 ミック経済研究所は、ソーシャルメディアを5つの分野(SNS、ブログ、Q&Aサイト、動画・画像共有サイト、クチコミサービス)に分類し、29社・33サービスの調査結果をベースに、市場規模とそのトレンドを分析した。

 ソーシャルメディア市場の2010年度売上規模は、広告収入と課金収入を合わせて、前年度比183.0%の2005億円が見込まれている。このうち広告収入が618億円で、ソーシャルメディア市場に占める割合は30.8%。課金収入は1387億円で69.2%を占めている。

ソーシャルメディア総市場 売上規模推移

 課金収入は2009年度に前年度比247.9%、2010年度も232.1%の成長となる見込みで、2か年連続で200%超の成長となる。これは、SNSプラットフォーム上で展開されるソーシャルゲームによる課金収入による伸びが大きいことが最大の要因となっている。一方、広告収入においても、低迷する広告市場全体の中では唯一、2009年度に前年度比113.4%、2010年度も124.1%と好調に推移する見込みだ。

 ミック経済研究所では、2011年以降、ソーシャルメディア市場は、広告収入と課金収入を合わせ、年平均25.5%増で成長し、2013年度には3963億円規模まで拡大すると予測している。

【関連記事】
ツイッター企業アカウント、大企業の7割以上が効果実感
Yahoo!モバゲーの利用者数が200万人を突破
ソーシャルメディアの実名公表率、最も低いのはツイッター

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/01/07 11:51 https://markezine.jp/article/detail/13073

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング