SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米ソーシャルゲーム市場、2011年に10億9000万ドルに

 2009年6月に、ZyngaがFarmVilleをリリースして以来、Facebookをはじめとするソーシャルネットワーキングサイトで提供されるソーシャルゲームが人気を獲得。米調査会社eMarketerは、米国ソーシャルゲーム市場規模は2011年に10億9000万ドルに達するとの予測を発表した。

2010年~2012年 米ソーシャルゲームにおける売上高の推移

 eMarketerは、2011年に約6200万人の米国インターネットユーザーが、毎月少なくとも1つのゲームをソーシャルネットワーキングサイト上でプレイすると予測。プレーヤーの増加にともなって、仮想アイテムの売上、リードジェネレーションオファー(プレーヤーがオファーに応じて購入などのアクションを起こした場合に、仮想通貨のインセンティブを与えること)、広告なども増加している。

 仮想アイテムによる売上はソーシャルゲーム市場の6割を占める最大の収益源に成長しているが、広告費はそれを上回る勢いで成長しており、2011年には前年比60%増の1億9200万ドルがソーシャルゲーム広告に投下される。2012年にはさらに41%増加し、リードジェネレーション抜いて市場全体の2割を占めると予測している。

2010年と2012年の米ソーシャルゲーム売上シェアの比較

 仮想アイテムにお金を使うのはソーシャルゲームユーザーの6%に過ぎないが、その金額は2011年には6億5300万ドルに達する見込みだ

【関連記事】
Facebook最強ゲームアプリ「FarmVille」ユーザーの反応の速さと広告効果
大学生の9割がmixiを利用、ツイッター利用は2割強
ソーシャルメディアの課金収入、2年連続で200%成長

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/01/14 11:45 https://markezine.jp/article/detail/13143

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング